スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

11月22日_”面白い”の定義(助手展2014)

展示6日目
ようやく一週間が終わります。
というか、まだ一週間しかたっていないのか、、!という心境!



今日は土曜日ということもあり、いろんな卒業生が観に来てくれました!みんなに久しぶりに会えてとてもテンションあがりました。
明日明後日は美術館はお休みですのでご注意を。※11月30日は特別開館するようです。



さて突然ですが、”面白い”とはなにかについて最近よく考えています。
もちろん考え方は人それぞれ。では、自分の思う面白いとは何か。(はたまた万人ウケする面白さとは。)



わたしが面白いと思うことの一つに、予想がイイ意味で裏切られた時、作品を観た前後での価値観の変化、感情の変化があったとき。発見とか。気づきとか。仕掛けとか。が、あげられるかなと思っています。
なので、自分が作る時もどこかにそれを盛り込みたい。自分が面白いと思わないと人にも面白いは伝わらないと思うし。(そもそも面白いってなんだって話にぐるぐると戻っていくのですが。)



一言に"面白さ"と表現してみても、第一印象での面白さから、後からじわじわくるもの、考えかたについてなのか、操作の問題なのか、などなど、話しだしたらそれこそ面白い。



今回の自分の作品の"面白さ"については、まずはみてもらわないと始まらないので、会場またはその後とかでお話できたら嬉しいです。
自分的に一番ヒットなのは地味に仕込んだ小ネタなのですが、地味過ぎなのかあまり気づいてもらえず。会場で遭遇したらそっとお教えします。
2014-11-22 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いしかわみちこ

Author:いしかわみちこ
いろんなものを見て、いっぱい考えて、かっこ良く生きていたい。
http://ishikawamichiko.com

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。